閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

ここは「久我山 能楽堂」? @女子部高校1年《能楽教室》〜最終回〜.

投稿日2016/11/28

卒業生の能楽師(金春流)、高橋忍さんのお蔭で有難くも実現している高校1年生対象の〈能楽教室〉。 
今年も、最終回には能舞台に不可欠な四種の「楽器」(太鼓・大鼓・小鼓・笛)について学ぶ貴重な機会をもつことができました。 
  
ということもあって、会場の女子錬成館はあたかも「久我山 能楽堂」のような様相を呈していました。
 
なお、高校二年生の特別講座も日本舞踊(辰巳流)が本日、最終回。
前回に続いて浴衣を着つけた上で実際の踊りに挑戦、日本文化に根ざした久我山特有の女子力に磨きをかけていました。

前の記事神奈備のせせらぎに、「久我山」の音色をきく。@ 11/26《中学入試説明会》in 國學院大學
次の記事「基礎研究」がアイデアを生む@女子部中学3年生特別授業「働くということ」