閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

高3 女子特別講座 : 日舞『長唄 雨の五郎』.

投稿日2010/4/19

恒例となった「日舞」の時間。
 
 ※ 昨年の高校2年対象の講座は、こちら
        高校3年対象の講座は、こちら

img158.jpg 配布資料より

今日、高校3年生が挑戦した演目は、
仇討ちをテーマとした「曽我物」として名高い『雨の五郎』
 
imgp2424.JPGimgp2423.JPG 
imgp2420.JPGimgp2417.JPG
  
その動きは紛れもなく男の勇猛さを表現した「荒事」
両足を力士のように勇ましく開く「はこ割り」
締めの段階で大きく首を回し「見栄を切る」動きに対して
かつての女性の所作のとき以上に
辰巳先生からしきりにお褒めのことばが飛んでいたような・・・。(笑)
 
実際の踊りの前には、あらためて「座礼」の正しい形や、
着物を着ての手の上げ方や裾の持ち方など、
その品のある作法について教えていただきもしました。
 
imgp2413.JPG

また、先生の娘様が大学にて海外に『歌舞伎』を発信するために
提出なさったという貴重なレポート、
Kumadori(PDFファイル)についても紹介されました。
 
なにごとも、見て聞いて実践してみないとわからないものです。
折しも、あの『歌舞伎座』がリニューアルされるために、ちょうど今その「御名残」公演が開かれているとのこと。
 
機会が見つけて、ぜひとも真っ赤なKumadoriから、みなぎる「力」と「若さ」、さらに「勇気」を頂戴しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

前の記事晴耕「霙」読 @ 中1「図書」の時間
次の記事ここはどこでしょう?