閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

高校第3学年 修了式.

投稿日2010/2/27

imgp1751.JPG

翌日に卒業式をひかえた高校3年生が、まずは今年度の《修了式》に臨みました。
 
一ヵ年の「優等賞」や「皆勤賞」、「努力賞」に加えて「高校生新聞社賞」の授賞ののち、男子部長S先生から次のような激励のメッセージがおくられました。
 
・・・あらためて「人間力」について考えてみましょう。それはつまるところ、本校が標榜するところの「三つの力」、つまり「頭・体・心」の統合されたものといえましょう。その3つの中で他の力以上に秀でた力を持ち得た戦国武将に、信長・秀吉・家康がいます。しかし、そんな3人ともそれぞれがやはりトータルバランスを保っていたからこそ歴史的にも偉大な業績を残したのです。では、そのバランス感覚を身につけるためにはどうしたらいいのでしょうか。
① 学問を尊びなさい
② 読書を愛せよ
③ 美しいものに触れて感動を味わえ
④ 友を大切にせよ
⑤ スポーツを好め
加えて、なにがあっても「親を裏切る」ことのないように。判断に困ることが生じたときにはまず親の顔を思い浮かべることだ。そうすればたいていの場合、間違いない。・・・
 
 
その後、久我山会(同窓会)の会長Kさんからも、
 
・・・久我山で得たさまざまな経験を将来に是非とも生かして欲しいと思います。今までは親の敷いてくれたレールの上を進んできましたが、これからは自らレールを敷設すべく、夢や希望を失わずたゆまぬ努力を重ねてください。61期のみなさんには、これまでに卒業した3万2千もの先輩たちが、各界でみなさんの活躍ぶりを見守ってくれています。・・・
 
大先輩からのありがたきはなむけの言葉を頂戴いたしました。
 
 
   國學院大學久我山高等学校、第61期生、
           いよいよ、明日、巣立ちます。

前の記事中学3年 「今、私の思うこと」 全体発表会
次の記事高等学校 第61回卒業式 挙行