閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「久我山生活を充実させる秘訣~先輩の話に学ぶ~」@男子部中学2年特別授業.

投稿日2016/11/2

_20161102_131736
 
「合格体験談」など、「高校」の「在校生」が、すでに結果を出した「卒業生」の声に耳を傾けるイベントは恒例となっていますが、まだ「中学生」である段階で、今まさに臨戦態勢に入りつつある「高校2年生」の先輩から直接アドバイスを受けるという機会はなかなかありませんでした。
 
同じ環境で過ごし、同じ教材で頭を悩ませ、同じ学校生活の酸いも甘いも噛み分けて今に至っている「先輩」のリアルなアドバイスに勝るものはありません。
耳にたこができるほどの「先生」の説教以上に効験あらたかな「先輩」の貴重な一言、「後輩」諸君はきっと何かヒントをつかんだことでありましょう。
 
 
 「復習をする、宿題をこなす、こうした当たり前のことをきちんと実行することがなにより大切です」
 
 
 Q:苦手科目をどのように克服してきましたか?
 
   A:あえて苦手科目を先に勉強してしまったり、
    全体の勉強の計画を立てる上で
    苦手科目を含めて少しずつでもいいから
    ノルマを決めて取り組むことが効果的です。
 
 
 Q:ゲームテレビなどの誘惑に負けそうな時は?
 
   A:逆に誘惑事をモチベーションアップに役立ててみてはどうでしょう。
    この勉強を終えればゲームができると思えば頑張れますよね。
    また、環境をかえることも効果があり、
    図書館での勉強をおすすめします。

前の記事「いじめ」について考える@男子部中学2年〈特別授業〉
次の記事朗報、続々と…