閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

灯火親しむべし.

投稿日2016/9/2

  秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる 
    
                    藤原敏行 古今和歌集
 
 
日中は、まだまだ蒸し暑さが残るものの、朝晩は「風の音」のみならず、「虫の声」がいよいよ本格的な秋の訪れを告げています。
 
「灯火親しむべし」とも。
涼しい秋の夜長は、一年を通じてもっとも読書に適しています。
積読から精読へ。
草むらのそれらに負けぬよう、わたくしたちもまた「本の虫」となるべき時を迎えたようです。
 
ところで、現在図書館には、夏休み前に実施された「ライブラリー・ツアー」の様子が掲示されています。
その第一回目は、國學院大學渋谷キャンパスの図書館を訪問。
 
ふだんはなかなか目にすることのできない貴重な古文書などや、併設の博物館をも見学することができ、とても有意義な時間を過ごしたようです。
 
お近くにお出かけの際は、ぜひ大学にもお立ち寄りください。
 
IMG_0284 IMG_0285 IMG_0286 IMG_0287

 

前の記事♪~はるかな尾瀬~♬ -第2学期始業-
次の記事足慣らし