閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「野萱草」咲く通学路.

投稿日2016/7/5

IMG_9010 
昨日、にわかに不意打ちを喰らったような夕立がかえってその生長を加勢したのでしょうか。
今朝方、本格的な夏の到来を告げるユリ科の花、野萱草(ノカンゾウ)が、玉川上水沿いのそこかしこで一気にその特徴的な花弁を開き始めていました。
 
とはいえ、この花、実のところ「一日花」
 次から次と花開くので、一見そうとは思われませんが、とてもはかない存在なのです。
それを物語るように、ギリシャ語では「ヘメロカリス」〈hemera(一日)+callos(美)〉
その花言葉は、「苦しみからの解放」とも。
 
さて、いよいよ期末試験も間近に迫りました。
それぞれの「頑張り」と「労苦」が報われて、
その後に広がる「夏四十日」へ、心地よく解き放たれるためにも、
今しばらく、辛抱、我慢のときがつづきます。
 
IMG_9007

前の記事【お知らせ】 「女子部」から、初の「オリンピック」選手誕生!
次の記事願いよ 届け!