閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「朗報」続々….

投稿日2016/6/27

H280626バスケインハイ決定 
   ~ インターハイ出場を決めた 男子高校バスケットボール部 ~ (ヘッドコーチS先生提供)
 
 
先週から今週にかけて、ここ数日来つづく梅雨時特有の鬱陶しい空気を一掃するような朗報が次々に届けられました。
 
まずは、強豪ひしめく東京都にあって、現在新興校の躍進著しい男子高校バスケットボール部から。
予選リーグを辛くも勝ち抜き、残る東京の3枠をめぐる決勝リーグ。
ここでも苦しいたたかいを強いられ2敗を喫し、もう後がなくなった最終戦。
下馬評をはねのける様に、ひときわ若いチームが一丸となって僅差の試合に勝利し、
2年連続の「インターハイ」出場を決しました。
 
そして次は、この春以降15人制では苦杯を喫した高校ラグビー部
その鬱憤を晴らすかのようにオリンピック種目ともなった
「7人制ラグビー」において、初の東京都チャンピオンの座に立つことができました。
 
さらに、女子部の華でもある、ダンス部
昨日昭和女子大学人見記念講堂にて行われた私立中高協会主催の「第41回創作ダンス発表会」において
日ごろの厳しい練習の成果をのびのびといかんなく発揮し、見事に「優秀賞」を受賞しました。
 
  最後まであきらめない姿勢を貫いたバスケットボール部。
  屈辱の敗戦をバネにして新境地を切り拓いたラグビー部。
  華やかさの裏側で流した汗が嘘をつかなかったダンス部。
 
こうした朗報がそれぞれに語りかけてくるものは
なかなか教科書や教室では学ぶことのできない
一生ものともいえる貴重な教訓に満ちています。
 
IMG_8863

 

前の記事「自由」に表現@音楽部第41回定期演奏会
次の記事独り@〈期末試験時間割〉発表!