閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

久我山祭第1日 「雨にも負けず・・・」.

投稿日2007/9/29

あいにくの小雨降る中での開催となりましたが、そのことを感じさせないほどの熱気がキャンパス内の各所から立ち上っていました。
 
実行委員をはじめ、生徒のみなさんにとっては、本館前の「野外ステージ」を使えなかったことは残念至極であったろうとは思いますが、体育館にその場を移しながらも、ポップスコンサートなど、かえってアツい空間を演出することができたようです。また、筝曲部吹奏楽部の演奏会なども、より落ち着いた中でじっくりと「聴かせる」演奏ができたのではないでしょうか。
 
こうして今日一日だけでもふりかえってみるに、若い人たちにとっては、雨もまた味方につけてしまうもののようです。まさに「雨にも負けず・・・」の一日でした。
 
ご来校くださった皆様方、まことにありがとうございました。
 
  
それでは、第一目の様子をほんの少しばかりご紹介いたしましょう。
  ※写真をクリックすると、拡大します。
 
h190929-002.jpg
第2体育館のフロアにて。
吹奏楽部員によるファンファーレとともに「第63回久我山祭」の開幕です。
 
h190929-001.jpg
ぞくぞくと、来校者が訪れにわかに活気づいてきました。
 
h190929-003.jpg
中学2年生の自然体験教室の展示場には、尾瀬の湿原が出現か?
 
h190929-004.jpg
どこの廊下も、熱心な(必死な)呼び込みの声が響き渡っていました。
 
h190929-005.jpg
中2男子の校外学習の展示では、
水汚染の実態を調査する実演を参加者とともに実施していました。
真剣そのもの!
 
h190929-006.jpg
そのすぐ隣では、・・・
「それじゃ、久我山祭テーマの『ソウカイ』を漢字で書いてみよう!」
と小学生に書き取り指導する中学生の姿が・・・。(笑)
 
h190929-007.jpg
久我山祭初参加の中学1年生は、5月の自然体験教室のハンドクラフト作品などを展示。
小枝などが生き物のように生まれ変わってそこにならんでいました。
 
h190929-009.jpg
労作です。歩き回った高遠の森が見事に再現されていました。
 
h190929-013.jpg
中学3年生の部屋にいくと、そこは懐かしい雰囲気と親子連れの笑顔がいっぱい。
それもそのはず、そこは「縁日」の真っ只中だったのです。
 
h190929-012.jpg
と、思いきやその隣の教室からは激しい音楽と気合の入った声が。
あっ、あの「ビリー」がお客さんに直接レッスンをつけているではないですか!(笑)
高校1年6組の諸君でした。
 
h190929-018.jpg
お祭り広場へいこうとして、美術部の展示コーナーを通りかかったら、ドキッとしました。
足が、頭が、バラバラ・・・。こ、これも立派な芸術作品にちがいありません。
 
h190929-017.jpg
さて、お店のひしめく「お祭り広場」に到着!
ちょうど、昼過ぎでもあり、たくさんの人が模擬店に並んでいました。
ここも、大賑わい!
 
h190929-015.jpg
クレープ屋さんには、やはり女の子が多く集まっていました。
 
h190929-016.jpg
裏方さんは、どこもたいへんですね。
 
h190929-010.jpg
そのとき、長蛇の列をなしていたのが、「焼き鳥」コーナー。
 
h190929-008.jpg
なるほど、こりゃおいしそうだ!いいにおい!!!
手つきも馴れたもんです。
 
h190929-011.jpg
お店の装飾が目を引いた「水飴」屋さん。
いろいろな味がカラフルにならんでいました。
 
h190929-014.jpg
そうした中で、少々気の毒だったのが、この涼しさの中での「カキ氷」屋さん。
こればかりは、・・・。
 
ということで・・・
この「カキ氷」屋さんのためにも!
 
久我山祭 第2日目!
あ~した てんきに な~れ!!!

前の記事お待ちしています!
次の記事久我山祭第2日 「雨降って『結束』固まる」