閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「あなたには自分の意見というものがありますか?」@女子部高校1年〈続・働くということ〉.

投稿日2016/6/13

IMG_8738 
 内進生たちは、さかのぼること中学2年生のときに、特別授業「働くということ」のシリーズ第一弾として、このたびと同様に外部講師をお招きして自分の「進路」を、ひいては「生き方」を考える機会をもちました。
    
あれから2年。本日は、自分の将来について今まで以上に真剣にそして具体的に模索していくことになる高校1年生を対象に、「続・働くということ」と題して林 恭子先生株式会社グロービス 執行役員 経営管理本部 本部長)にご登壇いただきました。
 
※ 講師紹介(配布資料〔株式会社「グロービス」の公式webサイト〕より)
筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程前期修了(MBA)。米系電子機器メーカーのモトローラで、半導体、及び携帯電話端末のOEMに携わった後、ボストン・コンサルティング・グループへ。人事担当リーダーとしてプロフェッショナル・スタッフの採用、能力開発、リテンション・プログラム開発、ウィメンズ・イニシアチブ・コミッティ委員等、幅広く人材マネジメントを担当する。グロービスでは、人材・組織に関わる研究や教育プログラムの開発を担当した後、経営管理全般を統括。またリーダーシップ、人材マネジメント、ダイバーシティマネジメント、キャリア開発、パワーと影響力等の領域を中心に、グロービス経営大学院での講義、および、企業研修、講演などを多数務める。共著書に『【新版】グロービスMBAリーダーシップ 』(ダイヤモンド社)、『「変革型人事」入門』(労務行政)、『女性プロフェッショナルたちから学ぶキャリア形成』(ナカニシヤ出版)がある。経済同友会会員。組織学会、産業・組織心理学会、及び経営行動科学学会員。
 
 
■ 後悔から気づきへ
思えば、みなさんと同じ高校生のころには、自分の進路や仕事について明確なものが決まっていたわけではありませんでした。そして、大学時代に短期留学をした経験もあって、外資系の会社に就職するも正直言ってその仕事はなんとしても自分がしたいものでも興味が強くあったものでもありませんでした。
その後、25歳で結婚し、あらためて人生の仕切り直しをする意味からも、本当に自分がやりたくて興味のあることはなんなのかを考え直しました。もともと、教員を両親にもち人を教えることにも関心があったわたしは、「人間そのものに興味がある」ことに気付いたのでした。
 
■ 「成長が止まっているな…」
36歳の時でした。転職先の会社で人事の採用リーダーまで任されながらも、ふと「自分自身の成長が止まっているな」と感じてしまったのです。そこで一念発起して、働きながら夜間や週末には大学院に通い、あらためて学び直すことにしました。そして2年後、その甲斐あってMBA(経営学修士)の資格を取得、さらに女性のキャリアに関する研究を教授とともに本に著したりすることができました。加えて、こうした積み重ねが認めていただけたのか、現在の会社から声をかけてもらい、大学院の教授としても教壇に立つことができたのでした。
 
■ 「そこそこ」の仕事は将来なくなる
ところで、将来を展望してみるに、AI(人口知能)の発達やロボットの普及などにより、職業の幅が今とはずいぶん様変わりしていくことが予想されます。識者の分析では、この10年から20年の間に、現在の仕事のうち半数近くが消えてなくなるとのこと。その多くが、明確なルールに基づくものであったり、過去のデータの累積によって未来予測が可能なものであったりする仕事がそれにあたります。とはいえ、逆説的に言えば、これからは人間にしかできない、否人間だからこそできることをしていく時代となっているのです。
 
■ グローバル化に適応するには…
いますでに、グローバルビジネスのチャンスは、海外だけではなく、国内にあっても十分あります。また、英語はもちろんできる方がいいにきまっていますが、大切なのは何を語れるのか、つまり語る中身が重要であるということになります。それは、自分が何者であるのか、そのアイデンティティを見極めることにとどまらず、相手もまた何者であるのかを理解するよう努める必要があるのです。そのためにも、語学力を身につける以前に、自分の言葉で自分の考えをしっかりと相手に伝える力を養うことが先決です。あなたには、自分の意見がありますか?
 
……そして、結びにかえてこれから迫りくるAIやテクノロジーが急速に発達する時代を生き抜くために求められる3つの力について次の点を力説されていらっしゃいました。
 
 ① 創造力
    「知っている」よりも自ら「考える」こと、そのうえで何か新たなことを「生み出す」力です。
 ② リーダーシップ・マネジメント
    人を動かす力は、同時に人に共感し、人を勇気づけ、人を導くことによって発揮されます。
 ③ ホスピタリティ
    人のことも、自分の問題としてとらえ、その解決にむけて全力を傾けていくようにすることです。
  
 
    
 

前の記事とても English な Weekend
次の記事「久我山健児」の新たな雄叫び@男子部高校3年〈武道大会〉:東京武道館