閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

江戸庶民の人情@高校2年〈歌舞伎鑑賞教室〉.

投稿日2016/6/8


H28-06shinsarayashikitsukinoamagasa-hon-ura
H28-06shinsarayashikitsukinoamagaza-hon-omote 

高校2年生対象に行われている恒例の「歌舞伎鑑賞教室」
今年も、国立劇場(半蔵門)主催の六月歌舞伎鑑賞教室に足を運びました。 
 
六月の演目は、河竹黙阿弥による生世話物、〈新皿屋敷月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)〉
いわゆる「皿屋敷」伝説に基づく、江戸庶民の素朴な喜怒哀楽を生き生きと描いたお芝居ですが…。
くれぐれも「お酒」は二十歳になってから……また、飲み方にもご注意のほど……(笑)
今回、その主役、魚屋宗五郎は、芝翫襲名を間近に控えた中村橋之助が演じてくださいました。
 
なお、この本編に先立ち、「歌舞伎のみかた」では、回舞台やせり、すっぽんの花道など、歌舞伎のイロハについて解説がありました。

 

時代は変わっても、人の情のあたたかさには思わず涙するものでございます。

image

image

image

image

前の記事「國學院久我山」の今 @《杉並中野私立中学高等学校フェア》
次の記事~都会の中の自然~@中学1年〈校内写生会〉作品展示