閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「國學院久我山」の今 @《杉並中野私立中学高等学校フェア》.

投稿日2016/6/7

IMG_8696 IMG_8692 
  
本日、中野サンプラザにて行われた恒例の杉並中野私立中学高等学校フェア
 
霧雨舞う平日の昼過ぎという状況にもかかわらず、熱心な受験生の保護者の方々がたくさん集まってくださり、教職員ブース(13階)のみならず、在校生父母と語るコーナー(14階)も、人の波が絶えることなくつづいていました。
 
さらに、トップバッターをつとめることになった本校の「ミニ説明会」にも、多くの方々にお集まりいただきました。

 
なお、その「ミニ説明会」では、現在進化をつづける「國學院久我山」の今についてさまざまな角度からお話させていただきました。
以下は、そのほんのさわりまで・・・
 
IMG_8683    
● ~「男女別学」編~
 …男女の特性に鑑みた別学の効果は? 行事などでのアプローチの違いと学習方法との相関は…。
 
● ~「國學院大學」編~
 …「国の基を究るところ」としての精神的支柱と、多様な価値観にふれる国際プログラムの存在は…。
 
● ~「文化的体験学習」編~
 …なぜ、男子には武道を? また女子の特別講座が求めているものは?…。
 
● ~「私学〈久我山〉」編~
 …昨年の高校サッカー部躍進の陰にみられた卒業生の母校愛とは…「きちんと青春」の真実とは…。
 
   
    このつづきは、今後さまざまな形で行われる本校主催の説明会にて…
    「百聞は一見に如かず」とも。
    学校見学も兼ねてお気軽に学校までお越しください。
 
     本日は、ご来場くださいまして誠にありがとうございました。

前の記事【お知らせ】第21回 久我山ホタル祭り 開催中!
次の記事江戸庶民の人情@高校2年〈歌舞伎鑑賞教室〉