閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「五分前の精神」 「来た時よりも美しく」 @男子部高校1年〈研修会〉第1日.

投稿日2016/5/24

IMG_8214 IMG_8213IMG_8239 IMG_8267
 
今年も伝統の高校1年〈研修会〉の季節がやってきました。
 終日秀峰富士の雄姿に見守られながら、今年で開所57年目を迎えた御殿場「国立中央青少年交流の家」での3泊4日の研修が始まりました。
 男子部では昨年から「原点回帰」をテーマに、より自己の啓発に努めることに。
 
 そのプログラムとして「ふじやま一万尺チャレンジ」のみならず、徹底した集団行動に加え、夜の研修では、故佐々木周二名誉校長の随想録『私学の歳月』を熟読し、私学久我山の精神性にふれる機会をもつこと徹しています。
 
なお、この「交流の家」の開所当時から変わらぬモットーでもある「来たときよりも美しく」・「五分前の精神」。
さっそく、その実現に向け、クラスそして学年がひとつになって真剣に取り組む姿が所内のそこかしこに見られた初日でした。
 
IMG_8210 IMG_8211 IMG_8228 IMG_8226 IMG_8223 IMG_8222 IMG_8218 IMG_8241 IMG_8238 IMG_8236 IMG_8232 IMG_8250 IMG_8248 IMG_8245 IMG_8243 IMG_8242 IMG_8257 IMG_8256 IMG_8254 IMG_8252 IMG_8270 IMG_8268 IMG_8263 IMG_8262

前の記事美男におはす夏木立かな@5/27〈イベントデー〉を前にして
次の記事富士山と研修会が紡いだ縁@男子部高校1年〈研修会〉第2日