閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

試験場の「忘れ物」.

投稿日2010/1/22

本日は、 《高校推薦入試》 と
今年初めて導入された 《高校帰国生入試》 が同時に行われました。
 
その試験後、監督の先生から
受験生の「忘れ物」が届けられました。
 
それは、単語カード式の「メモ帳」でした。
パラパラとページを繰ってみると、
そこには・・・
 
 「僕が貴校を志望しましたのは・・・」
 「僕の将来の夢は・・・」

 
面接のための対策として綴られた
自己PRの原稿でした。
 
「よそ行きのわたくし」を繕いながらも
「ほんとうのわたくし」を誠実にアピールするための
努力の跡がそこにはぎっしりと詰まっていました。
 
あらためて、受験生ひとりひとりの
こうした陰ながらのがんばりに頭が下がる思いがいたしました。
 
ちなみに、
この「メモ帳」 、
試験場に落ちていたのではなく、
あくまで「忘れ物」でありましたので・・・あしからず。(笑) 

前の記事〈水仙〉の強さに
次の記事校内《版画》展  中学女子編