閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

能楽講座〈楽器を演奏してみよう〉 高校女子1・2年特別講座.

投稿日2010/1/18

(執筆者は終日出張のため、 誠に残念ながら生徒たちの奏でるその音色に酔いしれることができませんでしたが・・・笑)
 
たびたび「能楽」に関して講義や実演をしていただいている
本校卒業生で金春流能楽師高橋忍氏。
 
 ※ かつて、行われた特別講座の様子は、こちら・・・ 
      ◇ 2007.10.18 中学3年特別講座 
      ◇ 2007.11.1 (同上 〈連続講座〉) 
      ◇ 2008.10.6 高校1年特別講座
  
さて、このたびの女子特別講座は、
高校1・2年生を対象とした
  
 「(能楽の)楽器を演奏してみよう」。
 
それは、以前の面をつけての摺り足体験にも匹敵するほどに稀有な機会となったはずです。
全部で「笛・小鼓・大鼓・太鼓」の4種の楽器があるため、クラスを4分割してグループごとに10分間ずつそれぞれの楽器を演奏して回りました。
 
なお、このたびの企画を提供し実現してくださったのは、
高橋氏をはじめとする〈金春流 座・SQUARE〉の4名の面々。
能楽の普及とご自身の自己研鑽の場として結成されたグループです。
その活動の場は、今まさに全国の小・中学校にまで及んでいます。
 
ということで、会場となった女子錬成館も
今日一日は特別に「久我山能楽堂」として
古典芸能の音色に包まれて
実ににぎやかだったことでありましょう。
 

前の記事本校の《入試》が始まりました!
次の記事例年ならば・・・