閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

時に立ち止まり…@平成28年度〈始業式〉.

投稿日2016/4/6

IMG_7647 
 この時を待っていたかのように満開の桜が出迎えるなか、新たな年度がスタートしました。
それぞれに進級を果たして心機一転。
 各々の次なる目標に向けて前進です。
 
 「…今、しきりにアクティブラーニングや反転授業といったことが取り沙汰されていますが、そうした学校での授業の前に、予め自ら課題を見出すところの自学自習が前提でなければ意味がありません。
また、人工知能の進歩に近い将来、仕事の仕方も大きく変化することでしょう。しかし、そうした人工知能がわれわれ人間を凌駕する時代になっても、かえって人でなければできないことはなんなのかを考えることが大切になります。
いずれにせよ、自ら学び考え、課題を見出しつつ、その問題解決を図っていこうとするポジティヴな姿勢こそが養われるべきものであると思われます。
そうした姿勢を身につけるためにも、時に立ち止まり、じっくりと見て聞いて思考することが求められましょう。…」 〔中学・高校 始業式 学校長訓辞(統合)より〕
 
 
式後、すでに花の盛りを過ぎつつある校内の桜を巡ってみました。
すると、そのどっしりとした根元に、「小さな幸せ」との花言葉をもつ立壷菫(タチツボスミレ)の仲間の姿が…。
早春のころからずっと控え目に季節のうつろいを知らせてきた小花がか細い茎を伸ばしてしっかりその存在を主張していました。 
   
浮かれ気味に見上げることばかりのなか、ときには、自らの足もとをこうしてじっくりと見つめ直すゆとりを大切にしたいものです。
 
IMG_7643

前の記事「大人」の条件とは…@第29回中学卒業式
次の記事♪~あの日 ここから始まり~♪@平成28年度〈入学式〉