閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

いそぐな いそぐなよ.

投稿日2016/3/17

IMG_7556 
朝晩の冷え込みは残っているものの、日中は早くも春本番を思わせるポカポカ陽気に包まれました。
そうしたなか、ことのほか喜びを全身であらわしていたのは、理科会館のベランダに置かれた菜の花たち。
 
時同じくしてグランドで汗を流す部員たちに負けぬよう、その花言葉のごとく「快活」にして「元気いっぱい」咲き誇っていました。
 
一方、目の前の染井吉野も梢の蕾が一気にほころんだようにも見えました。
 
こうして、春色に染まる季節のまぢかなのは、この上なく喜ばしいことではありますが、学園に新たな仲間たちを迎え入れるそのときまではなんとかもってほしいものです。
 
俳人の加藤楸邨の作品、「木の葉ふりやまず いそぐないそぐなよ」風に……
 
 
     桜の蕾ほころびぬ いそぐないそぐなよ
 
                          お粗末
 
IMG_7553

前の記事クルスの海
次の記事「すがすがしさ」と「善悪の判断力」@平成27年度〈修了式〉