閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

初冬の花.

投稿日2015/11/10

   
 
暦の上でも立冬を過ぎ、いよいよ本格的な冬の到来に備えなければならない時季に入りました。
それを知ってか、理科会館前の植え込みには、今年も記念樹の「山茶花」がたくさんの花をつけ始めています。
ただでさえ、花の少ない季節ゆえ、そのやわらかで独特な風合いの花弁と彩りは、その前を行き来する者たちに少なからず癒しを施してくれています。
 
花言葉は、「困難に打ち勝つ」・「ひたむきさ」
 
似た花に「椿」がありますが、晩冬から春先にかけて咲くそれとは一線を画し、あえて厳しい苦境に立ち向かっていく存在らしいメッセージです。
こうして、「癒し」とととに「気概」をも与えてくれる初冬の花、「山茶花」
その別の名は「姫椿」、さらに「岩花火」とも…。

前の記事【動画】たたかいの記憶@11/8 高校ラグビー&高校バスケット
次の記事決戦前夜の誓い