閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

働くということ・フォーラム@久我山:女子部特別授業シリーズ「働くということ」.

投稿日2015/10/31


 
女子部の特別授業、シリーズ「働くということ」。
今日は、経済同友会のご協力を得て、各界から7名の先生方にお越しいただき、グループディスカッションを実施しました。
 
参加者は、希望した中学2年生から高校2年生までの在校生に加え、今回は保護者の方々と教員もその輪の中に入りました。
 
統一のメインテーマは、「これからの社会、あなたはどう生きる?」
 
ここに至るまでに酸いも甘いも味わいつつさまざまな経験を積んでこられた人生の「大先輩」方。
今また社会の第一線でご活躍の先生方ゆえ、示唆に富んだその一言一言には重みと説得力がありました。
 
 
【Aグループ】 清原 健 先生  ジョーン・デイ法律事務所 パートナー
  テーマ 〈働く時に必要なこと、働く時の楽しみ ~意識改革~〉
 
  「…いろいろなものに取り組むのも大切だが、一つのことに深くかかわることも重要です…」
 
 
 
【Bグループ】 林 明夫 先生  株式会社開倫塾 取締役社長
  テーマ 〈一生勉強、一生青春~あきらめたらおしまい、自分の未来は自分で切り開こう~〉
 
  「…お客様が喜んでくれることが仕事のやりがいとなります。そのためにも自律的な活動を…」
 
 
 
【Cグループ】 永山 妙子 先生  株式会社プレリューダーズ 代表取締役
  テーマ 〈世界に通用する人間に~中高時代に経験して欲しいこと~〉
 
  「…生き残れる人の条件は、頭でも力でも金でもなく、変化に対応できる人です…」
 
 
 
【Dグループ】 成川 哲夫 先生  新日鉄興和不動産株式会社 取締役相談役
  テーマ 〈これからの社会における女性の役割、必要なスキル、ものの考え方〉
 
  「…他人の意見に流されず自分の意見をしっかりもって議論することが大切です…」
 
 
 
【Eグループ】 井上 健 先生  日本電設工業株式会社 相談役
  テーマ 〈世の中に役立つ仕事をしよう~鉄道の仕事をしてきました~〉
 
  「…最終的に、仕事をすることは人として自立することです…」
 
 
 
【教員グループ】 米田 隆 先生  西村あさひ法律事務所 代表パートナー
  テーマ 〈教え子の人生を意義あるものにするために~教師の役割~〉
 
  「…先生自身の学ぶ姿勢はそのまま生徒に伝わるものです…」
 
 
 
【保護者グループ】 島田 俊夫 先生  CACホールディングス 取締役会長
  テーマ 〈グローバル化は止まらない~大切なことは自分研究~〉 
 
  「…ピン芸人より300人を生かすことの出来る力をもった人が尊ばれます…」

前の記事【お知らせ】 3/28-30 〈関西方面校外学習〉 参加者募集!
次の記事能装束をコーディネイトしてみよう!@女子部高校1年《特別講座》