閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

久我山祭、近づく。.

投稿日2007/9/19

h190919.jpg

放課後、こうした光景が目立つようになると、
いよいよ祭りも近づいたなという感じが強くなってきます。

駅前の商店街まで行ってきたのでしょう。
リヤカーの荷台いっぱいにダンボールが積まれていました。

ゴミと化す寸前にあった何の変哲もないダンボールの一つ一つが、貴重な展示品やそれを支える土台の役割をになったりすることを思えば、学園祭は「再生」の場ともいえるかもしれません。
それを実現するには、「若さ」と、そしてなんといっても「創意工夫」がなければなりません。

その文化の祭典まで、あと10日となりました。

前の記事小さい秋見つけた ♪
次の記事いまだ、蝉時雨。