閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

小さい秋見つけた ♪.

投稿日2007/9/18

同じ山は山でも「久我山」という山ではありませんが・・・。

この連休、甲信越の境をなす「八ヶ岳」を高校生らと歩いた際に、見つけることができました。
それは、2000mを越えたあたりの尾根の両端にあくまで控えめに花道を演出していました。

h19091617-12a.jpg

その名は、「ゴゼンタチバナ」
初秋を告げる小さな赤い実が、いまだ緑濃い尾根上をみごとにいろどっていました。

山頂では、見渡す限りの雲海と、その上に頭を出した富士山をはじめとする高嶺のシルエットが織り成す景観に、感嘆の声・・・。

h19091617-83a.jpg

今日の凱歌に足取り軽く、無事ふもとまでたどり着けば、そんな彼らを今度は「コスモス」の群れが迎え入れてくれていました。

さて、いまだ残暑抜けきらぬ東京の街に、本格的な秋の訪れはいつのことやら。
ここは、古人に倣って耳をすましてみましょうか。

 秋きぬと目にはさやかに見えねども
  風の音にぞおどろかれぬる     
『古今・秋』

前の記事ご来校くださりありがとうございました! 秋の《オープンキャンパス》
次の記事久我山祭、近づく。