閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

備えあれば….

投稿日2015/9/15


 
  あれれ? 授業中に「かくれんぼ」?
 
11時28分。
首都直下型の大地震が発生したとの設定で、今年度2度目の「災害避難訓練」が実施されました。
模擬放送の緊急地震速報に応じて、まずは速やかに「第一次避難」。
みな、机の下に潜り込んで頭を守ります。
中学1年生のクラスでは、ご覧の通り頭のみならず身体もすっぽり隠れてしまいますが…。
同じ頃、高校3年生のクラスでは、各処で「頭隠して尻隠さず」といった状態が見られたようです。
  
その後、余震の間隙を縫うようにして、高校グラウンドに「第二次避難」。
騒がず、慌てず、押さず、続々と集結してきます。
今回は、避難経路の途中で、負傷者役の生徒たちを任意にその列から外した上で、クラス内の点呼が正確におこなわれるかどうかも訓練しました。
 
11時41分。
その負傷者の把握もふくめ、13分後には中高の生徒全員の無事が確認されました。
 
 
備えあれば…
この機会に学校のみならず、各家庭での取り決めについてもあらためて話し合っておきたいものです。

前の記事「みんな」で楽しむ
次の記事「説明会」、多摩川を渡る:イブニングミニ説明会@武蔵小杉