閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「みんな」で楽しむ.

投稿日2015/9/14

 
 
           ~ 準備に余念のない中学生たち (放課後) ~
 
 
シルバーウィーク明けすぐにやってくる〈久我山祭〉本番に向け、今朝がたの「中学朝礼」にて実行委員長から全校生徒にむけてあらためての呼びかけがなされました。
 
そのなかで、高校生のリーダーであるK君からは…
 
「…正直いって、〈久我山祭〉をつくりあげるチャンスがまだ何度もあるみなさんのことを今うらやましく思います。高校生になってそれがあとわずかという状況になってみてはじめて、この祭典のもつ価値の大きさにあらためて気づいたのですから…。
そこで、中学生のみなさんにお願いがあります。
私たちのようにあとがない高校生たちは、その思いが強いだけにかえって自分たちが楽しければいいという取り組みが随所にみられる危険性があります。そんなときは、どうか中学生のみなさんが、本来求められるべき、みんなが楽しめる文化祭を実現するためにそんな高校生の背中をそっと押していただきたいのです。…」
 
今年の久我山祭、例年にも増して、とてもいい雰囲気のうちに催されるような予感がいたします。

前の記事実りに期待@秋のオープンキャンパス
次の記事備えあれば…