閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

野を分かち香り芳し十八号.

投稿日2009/10/7

徐々に接近しつつあるこのたびの「台風18号」
「メーロー(Melor)」という名がついています。
 
これは、マレー語(マレーシア)で「ジャスミン」のこと。
 
「ジャスミン」といえば、あの独特の香りが漂ってきます。
実は、モクセイ科に属し、花に特有の香りを有する植物の総称なのです。
 
この季節、ひときわキャンパス内に漂う芳香の正体は、
こちら・・・
 
imgp0372.JPG
 
そう、「金木犀」(キンモクセイ)です。
 
imgp0374.JPG

理科会館前の植え込みに
創立30周年記念して第2期生によって贈られたもの。
 
まだ、その香りはかすかにほんのりとしたものですが、
それでも近づいてみると・・・
 
imgp0375.JPG imgp0379.JPG 
 
さて、その名とは裏腹にこのたびの「野分」(台風の古称)
ここ近年稀にみる強大な勢力を保ったまま上陸だとか。
どうか、せっかくの花弁を散らさぬよう願うばかりです。
 
******************************
 
      〈在校生のみなさんへ〉
 登校に関する情報を明朝5時、
 テレドーム(0180-993-113)にて確認してください。

前の記事華道部 高校三年作品展示
次の記事スポーツの秋!