閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

インターハイ便り⑥(最終).

投稿日2015/8/3

真夏の「全国」大会であるインターハイ。
本校からは、陸上競技部、バスケットボール部、サッカー部の3クラブ(いずれも男子)が、東京都代表として出場しました。
本日、そのトリをつとめたのが、2000年に「準優勝」という実績を誇る「サッカー部」。
 
その初戦の相手は、南国高知の明徳義塾高校。
ここまで、無失点という堅い守りと、なんといっても暑さに強い、粘りを兼ね備えたチーム。
 
前半20分過ぎ、そんな鉄壁の守備を崩して先制するも、その後追いつかれ同点のまま後半へ。
再三にわたりファインセーブをみせたGKをはじめとするディフェンス網でしたが、相手の中盤からのはやい展開に決勝点を奪われそのままゲームセット。
惜しくも一回戦敗退となりました。
 
 
  ◆ サッカー部
 
     第一回戦 1-2 (前1-1・後0-1) 明徳義塾高校
 
              @ (神戸市)総合グラウンド 10:00 k.o
 
 
この悔しさを糧に、冬の「選手権」に向けてさらなる努力を重ねて欲しいと思います。
 
これをもって、本校のインターハイはすべて終了いたしました。
今日までご声援くださいましたみなさま、誠にありがとうございました。
 

前の記事インターハイ便り⑤
次の記事【デジブック】 7/27-28 富士御来光登山