閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

一日一生.

投稿日2015/7/2

 
 
今朝方、玉川上水沿いの通学路にて、この時期、野原や湿った川岸などを好む「野萱草(のかんぞう)」に出逢うことができました。
ちなみに、同種で花びらが八重のものは「藪萱草」
 
実のところ、この花、わずか一日だけのはかない存在なのです。
その証拠にギリシャ語では「ヘメロカリス」〈hemera(一日)+callos(美)〉
 
とはいえ、花言葉は、「苦しみや悲しみからの解放」
 
ここには、はかない命を賭して、必死に人々を「辛苦」や「憂愁」から解き放とうとする、「一日花」の「矜持」を感じることができます。
  
さて、いよいよ試験勉強も大詰め。
その「苦労」が報われて、来るべき「夏四十日」へ気持ち良く自らを解き放つためにも、この一日一日をどうか大切に…。

前の記事【お知らせ】 この夏はぜひとも 「富士山」 へ!
次の記事I wish …