閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

梅雨の晴れ間に…@中学1年〈久我山周辺地域探訪〉.

投稿日2015/6/10

中学1年生対象のフィールドワークとして長らくつづけられてきている〈久我山周辺地域探訪〉。
今週から来週にかけ、梅雨の間隙を縫うようにして各クラスごとに実施されています。
今日は、大正年間に起こった関東大震災の影響により、深川をはじめとする下町の寺院が宗派を越えて「集団疎開」して形成された寺町を、女子のクラスとともに巡りました。
 
 
まずは、寺町最大の妙壽寺へ。
震災当時、爆風で穴の空いた「割れ鐘」や、先の東日本大震災にて倒壊した石灯籠、さらに宮澤賢治の詩碑など、熱心に見学していました。
 
 
つづいて、かの浮世絵師、喜多川歌麿のお墓のある専光寺へ。
 
「あれれ、お墓には『北川』って刻まれている???」 
なかなかいいところに目をつけましたね。
 
墓石の脇の百日紅がまもなく花開きそうな気配でした。
 
 
そして、寺町の最後は、鴨の飛来地として名高い高源院へ。
池の面には、日の光を集めるように睡蓮やコウホネが花開いていました。
 
……おまけは、鴨池にて甲羅干しするカメ君たち。(笑)
実に気持ちよさそうでした。
 

 

前の記事心の眼にこそ映るもの@高校2年歌舞伎鑑賞教室
次の記事6/10 ブルガリアの至宝との共演@女声合唱部  ※【ダイジェスト動画】あり