閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

衰えを知らず.

投稿日2015/4/22


 
先日、ここでご紹介した元本校芸術科の国分信悟先生の個展が、いよいよ本日オープン!
 
  ※ 会場・会期等の詳細は こちら
 
さすが国外からの観光客やビジネスマンも多く利用する西新宿のホテルのギャラリーだけのことはあり、さっそく初日から北欧をはじめ外国人もちらほら鑑賞に来られたとのこと。
 
なお、今年は、先生みずから「絵書展」と銘打った通り、フレームにあたる部分にのみデザイン画をあしらい、その中心に大胆な「書」を配置した、新たなチャレンジ作品が展示のほぼ半分を占めていました。
また、この会のサブタイトルにもなっている「ワイングラス」ですが……
これはぜひご来場になってからのお楽しみといたしましょう。(笑)
 
 
ところで、今朝、学校の前庭の松の木に花が咲いているのを見つけました。
「えっ、松に花?」と思われる方も多いかもしれません。
遠目にはなかなか分かりかねますが、よくよく近づいてみてみると…
 
 
 
  (左)雌花   (右)雄花
 
 
ご覧の通り、一年中緑を絶やすことなくありつづける松のしたたかさの源泉がここに見て取れます。
それは、裸子植物として、懸命に子孫を残すための神秘的な力とでもいったものでしょうか。
 
松の花、その花言葉は、まさに何事にもひるまぬ「勇敢」さ。
そして、松の木そのものが語るメッセージは、常緑樹らしく「不老長寿」とのこと。
 
 
 
こうして今日は、ありがたいことにいろいろと刺激を受け、身も心もいっそう若返ったような気がいたします。(笑)
 

前の記事和 敬 清 寂 @女子特別講座:茶道
次の記事~ 地上の道 学問の道 ~ @高校3年特別講演 赤井益久先生(國學院大學学長)