閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

中学3年生が、『北海道新聞』に載りました。.

投稿日2007/9/13

h190913a.jpg

  「東京の中学生200人 
      イモたくさん掘った!」

9月3日付の『北海道新聞』にて、先日の中学3年生「自然体験教室」の模様が紹介されました。
 
「滝川市や新十津川町など中空知三市四町の農家で農作業を体験し、自ら収穫したたくさんの農産物に大きな歓声を上げた。」とのリードに、4人の男子生徒らが実にいい笑顔で、両手いっぱいにじゃがいもを抱えている大きな写真が添えられています。

本文記事の中には、参加生徒の代表としてS.Y君のこんな声も。

「景色も、澄んだ空気も東京とは全然違う。星もきれいだった。農家の方に普段はできない体験をさせてもらって感謝します」

収穫したてのカボチャや春菊、ジャガイモなどをすぐにてんぷらやカレーライスにしてもらったその味とともに、農家の方々とのふれあいのひとときは、彼らにとって忘れがたい貴重な思い出となったことでしょう。

前の記事久我山祭のポスター、届く。
次の記事明日は《オープンキャンパス》です!