閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

満天星躑躅.

投稿日2015/4/14

 
 
現在、理科会館前の植え込みには、スズランを思わせるような小さな房状の白い花がたくさん咲いています。
 
その名は「ドウダンツツジ」。
 
可憐なその姿に由来する花言葉は「上品」。
また、木全体を遠目に見ると満天の星空が連想されることから「満天星躑躅」とも書かれます。
 
ちょうど冷たい雨に打たれて舞い降りてきたひとひらの桜が、傘を差し掛けるように寄り添っていたのが印象的でした。
 
一方、ぐずついた天気のせいで、元気いっぱいのとりわけ男子中学生たちはフラストレーションもたまり気味。
そんな気持ちの捌け口ともなったのか、湿気で真っ白に曇った廊下のガラスに少々稚拙な「落書き」が…。
時間とともに動かぬ証拠がより鮮明になるにつけ、当然、帰りの終礼では各クラスにてお小言頂戴と相成りました。
 
「上品」と「下品」、「品」の善し悪しは紙一重。
清濁あわせもつ雨の一日となりました。

 

前の記事【お知らせ】 ザ・チェリー・ブロッサム・フロント@中高合同演劇部 春期公演
次の記事実りあれ