閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「お~い!」.

投稿日2015/3/19


 

  
たいへん味わいと内容の「濃いお茶」が「伊藤園」さんから届けられました。
 
第25回伊藤園新俳句大賞にて、「優秀学校賞」を受賞したこともあり、個人の部で「優秀賞」に輝いた塚本さくらさんを筆頭に「佳作特別賞」の3名の作品がプリントされたペットボトルです。
 
   ★ 関連記事 → 7月19日の記事 (第一学期 終業日)より
 
開栓して飲み干すのがなんとももったいなく感じられます。
しばし、そのお茶の豊かな香りを堪能することにいたしましょう。
 
 
* 金魚鉢ガラス一枚別世界
…こちらとあちらの世界、その間を隔てるのはわずかにガラス一枚のみ。はたして、金魚たちの目にはわたしたちの今の世界がどんなふうに映っているのでしょうか。
 
 
* 天の川星が集まる大会議
…おそらくこの会議も毎年七夕が近づくころとなると最も白熱した議論が交わされることでありましょう。あのお二方の逢瀬を実らす夢の架け橋を設けるか否かで…。
 
 
* 雷鳴で一気に静まる夏祭り
…夏の夜空を彩る花火も、笛太鼓や幼子らの歓声にわくにぎやかさも、この天の声にはさすがにかないません。まさに空にむけて叫びましょうか。「たま~や!」と。
 
 
* ひつじ雲数えていたら眠くなる
…今年の干支を詠み込んだ秀句…といいたいところですが、はたしてどこで作られたものでありましょうか? まさか授業中の教室ではありますまいな…(笑)
 
 

前の記事【閑話】 菜の花や・・・
次の記事身につけるべきもの、守るべきもの。@平成二十六年度〈修了式〉行われる