閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

百花繚乱.

投稿日2015/2/9

先週末の特別講座にて班ごとに共同で制作した生け花作品が、現在男女それぞれの校舎の玄関に飾られて訪問者の目を楽しませています。
 
情熱のこもった赤を基調とした『バレンタインデー』や見ているだけで気持ちが浮き立ってくる『ピカソの楽園』、さらに季節感にあふれた『雪どけ』や『春色』など、タイトルにもそれぞれのグループの個性があふれています。
 
同じ花材を使い基本的な生け方は変わらねど、その出来映えはまったく異なるものとなります。
まさに、学園はいま集大成の年度末に向けて百花繚乱のとき…
 
以下、色毎にまとめてみましたので、ご覧あれ。

 
 

 

 

 

 
 
放課後、所用あって都心に出てみると、ますます冷え込みが厳しくなるなか、澄んだ夜空に、ネオンや窓明かりの「花」がこれまたいちだんと輝きを増し、皇居のお濠にも照り映えていました。
 

前の記事えにしの「糸」@中学入学ガイダンス
次の記事「山頂」にあらず「一合五勺」にて候ふ@「高校入試」を前に