閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「春立ちける日」の昼下がり….

投稿日2015/2/4

 
 
…かつて高校生の強歩大会でも辿ったことのある「野川」に沿ってしばし遡っていくと、ふだんはなかなかお目にかかれない「カワセミ」に出会うことができました。
 
水面すれすれを鮮やかなコバルトブルーの羽を広げながら移動するその姿は、まさに「飛ぶ宝石〔翡翠(ひすい)〕」と呼ぶにふさわしいまでの美しさでした。
  
     川せみの ねらい誤る 濁(にごり)かな      正岡子規
 
鋭いくちばしが清流を切り分けるように獲物目指して突き刺さるその一瞬を見事に切り取っています。
こうして「立春」の日の今日、暦の上でもすべてのものが生き生きと動き出す新たな季節の扉が開かれました。
 
明日は、中学入試もいよいよ最終回。
南岸低気圧の影響から雪の予報も出ています。
どうかお足元に注意して早めの登校を心がけてください。
 
受験生のみなさまのご健闘をお祈り申し上げます。

前の記事~共に咲く喜び~ @実篤公園
次の記事「ありがとうございました」@中学入試終了