閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

男子、厨房に入るべし!.

投稿日2007/6/28

今日はある雑誌の取材が入りました。
ということで、それに便乗していろいろな授業を見学してまわりました。

H190628 004.jpg

特に目をひいたのが、中学一年生男子の家庭科の授業。
エプロン姿で調理実習をおこなっていました。

実際の調理に入る前に先生から手順を説明してもらっている時の、真剣なまなざしの表情がとても健気でした。

H190628 001.jpg

そして、いよいよお楽しみの試食の時間を迎えました。
そこで、一つのグループが他の班とちょっと出来がちがっています。

「そのご飯の上にのっているものは何?」
「『だし』に使った鰹節です。それを、味噌と醤油にからめてみました」

H190628 007.jpg

すばらしい!
思わず、これには雑誌の取材陣もうなっていました。

「いやあ、それはおいしそうだ。きっと食がすすむよ」

H190628 006.jpg

この世の中、マニュアルに従って守らねばならないことはたくさんあります。
しかし、それと同時に創意工夫することも大切です。
『だし』として御役御免となるのが常識の「かつおぶし」。
その「かつおぶし」にもう一度命を吹き込んで食に彩を加えるとは、お見事!

君らは、「教科書」を超えたね。

前の記事久我山に寄せる 「アツい」思い
次の記事期末試験の時間割が発表されました。