閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

久我山に寄せる 「アツい」思い.

投稿日2007/6/27

h190627 001.jpg

今日も500名を越える受験生のご父母が説明会に来校されました。
さすがにそれだけの人数を収容することのできる会場がないので、やむなく体育館にて行うしかなかったのですが、なんといってもこの蒸し暑さ。
スタンドタイプの扇風機を急遽いくつか配置したものの「焼け石に水」の状態でした。

そうした劣悪な環境にもかかわらず、最後まで熱心に耳を傾けてくださり、関係者の一人として本当に救われる思いがいたしました。
話し手を育て支えてくださっているのは、あくまで聴き手の皆様なんですね。思わず予定の時間を少々超過してアツく語ってしまいました。
なにはともあれ、少しでも久我山からのメッセージが伝わったならば幸いです。

h190627 002.jpg

さて、ちょうどその頃、グラウンドでは併設の付属幼稚園の園児らが「かけっこ」の練習をしていました。なんとも甲高くかわいらしい声が絶え間なく響き渡っていたので、すぐにそれとわかったのです。

実のところ、すでに幼稚園選択の段階から将来「久我山」で学ぶことを夢見て入園される方が年々増加の一途だとか。

久我山に寄せる「アツい」思い。

どうやら、ここ最近のアツさのもとは、一足早く顔を出した夏の高気圧のせいばかりではないようです。

前の記事晴耕雨読・・・
次の記事男子、厨房に入るべし!