閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

後進へ確かな襷リレー@全国高校駅伝 ※動画あり.

投稿日2014/12/21

 
 
 
  第65回全国高校駅伝競走大会
         (5年ぶり18回目出場)
  2時間08分59秒 28位/58校
 
    ※全国高校駅伝
      公式サイト → こちら
 
   【動画】 第1中継所・第5中継所   

 
 
                   28
                29~
             33~
          34~
       35~
    47~
 49~
 
いまだかつてここまで一度も順位を落とすことなく、完璧に襷をリレーしたレースがあったでしょうか。
 
花の一区の5km中間地点。
これまで精神的にも、かつ走りそのものでも、今年のチーム、さらに控え選手も含めた全部員を引っ張ってきたキャプテンを襲ったアクシデント。
その予期せぬ事態を、その後、同輩、そして4名もの後輩たちがあらん限りの力を発揮して必死に力走する姿に胸が熱くなりました。
これこそ、孤独なランナーが一本の襷で繋がり合う「EKIDEN」の真髄。
そうあらためて実感したすばらしいレースでした。
 
たたかい終えて、久我山テント前に勢揃いした選手たち。
声援に駆けつけた多くの在校生、保護者、そして卒業生たちに感謝の気持ちを言葉にあらわしました。
そのなかで、キャプテンのO君が後輩に向けて…
 
 「…この悔しさを二度と味わうことのないよう、明日からまた365日走り続けてください…」
 
5年ぶりの「都大路」という晴れ舞台にて、確かな「襷」が後進へリレーされた瞬間でした。
 

 
(左)固唾を呑んで到着を待つ中学生たち(第一中継所にて)
 
(右)選手のサポートに尽力した部員たち(西京極陸上競技場にて)
 

前の記事ひたすらにもがき続けて…「高倉健 最後の手記」より@第2学期終業
次の記事雪辱を果たし、「東日本」の頂点へ!@第34回東日本中学校ラグビーフットボール大会 ※【動画】あり