閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

国語辞典+百科事典=?.

投稿日2014/12/7


 
『中学・図書館だより』の11月号には、冬休みを前にして、中学3年生の図書委員たちによるおすすめ図書、『この1冊』が紹介されています。
 
新旧織りまぜて、さまざまな小説・物語が並ぶなか、ひときわ異彩を放っていたのが…
 
    『広辞苑 第六版』 新村出編 岩波書店 2008年
 
電子辞書の普及や、WEBによる検索が身近なものとなった今も、いよいよ困ったときの一冊として、半世紀をこえる歴史を有する「広辞苑」。
「持出禁」も承知の上で、あえて紹介したその推薦文も実に洒落ています。
 
  「…これを読めば君も歩く広辞苑!
   …ヒマな時、図書館にきて読んでみてください!」
 
調べ物に、ではなくあくまで「読み物」としての価値を見出しているところがすばらしい!
推薦者の人柄をうかがわせます。
 
ところで、「岩波書店」といえば…
昭和2年7月、「文庫」を初めて刊行するにあたり寄せられた創立者岩波茂雄の「宣言」は、この「広辞苑」とともに今なお色褪せることなく「本」と「読書」の意義について静かに語りかけつづけています。
ぜひ、ご一読あれ。
 
あわせて、学習院の学生に向けて行われた講演、『私の個人主義』から先日ちょうど百年という節目を迎え、こうした時代ゆえにあらためて注目されている夏目漱石を扱ったフェア、『漱石、ふたたび』もまたオススメです!
とくに、次のステージに向かって「卒業」という大切な節目を迎えつつある高校三年生の諸君へ…。
 
 
         *************************************************************************************
  
   読書子に寄す
   -岩波文庫発刊に際して-                  岩波茂雄
 
 真理は万人によって求められることを自ら欲し、芸術は万人によって愛されることを自ら望む。かつては民を愚昧ならしめるために学芸が最も狭き堂宇に閉鎖されたことがあった。今や知識と美とを特権階級の独占より奪い返すことはつねに進取的なる民衆の切実なる要求である。岩波文庫はこの要求に応じそれに励まされて生まれた。それは生命ある不朽の書を少数者の書斎と研究室とより解放して街頭にくまなく立たしめ民衆に伍せしめるであろう。近時大量生産予約出版の流行を見る。その広告宣伝の狂態はしばらくおくも、後代にのこすと誇称する全集がその編集に万全の用意をなしたるか。千古の典籍の翻訳企図に敬虔の態度を欠かざりしか。さらに分売を許さず読者を繋縛して数十冊を強うるがごとき、はたしてその揚言する学芸解放のゆえんなりや。吾人は天下の名士の声に和してこれを推挙するに躊躇するものである。このときにあたって、岩波書店は自己の責務のいよいよ重大なるを思い、従来の方針の徹底を期するため、すでに十数年以前より志して来た計画を慎重審議この際断然実行することにした。吾人は範をかのレクラム文庫にとり、古今東西にわたって文芸・哲学・社会科学・自然科学等種類のいかんを問わず、いやしくも万人の必読すべき真に古典的価値ある書をきわめて簡易なる形式において逐次刊行し、あらゆる人間に須要なる生活向上の資料、生活批判の原理を提供せんと欲する。この文庫は予約出版の方法を排したるがゆえに、読者は自己の欲する時に自己の欲する書物を各個に自由に選択することができる。携帯に便にして価格の低きを最主とするがゆえに、外観を顧みざるも内容に至っては厳選最も力を尽くし、従来の岩波出版物の特色をますます発揮せしめようとする。この計画たるや世間の一時の投機的なるものと異なり、永遠の事業として吾人は微力を傾倒し、あらゆる犠牲を忍んで今後永久に継続発展せしめ、もって文庫の使命を遺憾なく果たさしめることを期する。芸術を愛し知識を求むる士の自ら進んでこの挙に参加し、希望と忠言とを寄せられることは吾人の熱望するところである。その性質上経済的には最も困難多きこの事業にあえて当たらんとする吾人の志を諒として、その達成のため世の読書子とのうるわしき共同を期待する。
 
  昭和二年七月

前の記事至哉坤元 万物資生 @女子部中学3年特別授業
次の記事パール・ハーバー!