閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

能楽講座~能の楽器にふれてみよう~@女子部高校1年特別講座.

投稿日2014/11/25

  
 
卒業生の金春流能楽師、高橋忍さんのお蔭で有難いことに毎年実現している〈能楽教室〉。
 
今年も、最終回では、本来なら直接手を触れることなどできないほんものの「楽器」を実際に使って演奏するという稀有な機会をもつことができました。
  
しかも、今回は高橋忍さんをはじめ、金春流シテ方能楽師である四人の先生方にお越しいただき直接手ほどきを受けるというこれまた有難き幸せ…。
 
  
  
 
 太鼓
  
 
 大鼓
 
 
 
 小鼓
  
 
 
 
  
「大事に使うことで、これらの楽器は何百年ももつんですよ」
 
今は、ややもすれば何でも使い捨ての時代にあって、「もの」への愛着が支えている古典芸能の世界をあらためて垣間見ることができました。
 
  

前の記事『集王聖教序』に臨む@第27回都高文連「書道展」11/19-23
次の記事この「瞬間」を、大切に、楽しむ。@創立70周年記念〈東儀秀樹〉コンサート