閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

安全祈願をして万全! 中2・中3が《自然体験教室》へ.

投稿日2007/8/31

8月最終日の今日、5時間目に中学3年生男女が、つづいて7時間目に中学2年生男子が、一堂に会して「安全祈願」を行いました。

なんのためかって?

例年、この時期になると、中学2年生(女子は6月実施)が奥日光へ中学3年生が北海道へ、それぞれ《自然体験教室》に出かけるのです。

2年生は、赤城山を足慣らしに尾瀬ヶ原の散策や奥白根山への登山など、一貫して「歩く」ことにこだわる3泊4日。
一方の3年生は、北海道の「おへそ」に位置する中空知地区の農家にお邪魔してのファームインと、ナキウサギの生息する自然の宝庫(湖)、然別湖にて各種の自然体験メニューに挑戦する4泊5日です。

ちなみに、明日9月1日から3年生が、明後日の2日から2年生が出発します。
ちょうど、季節の変わり目にあたり、本州には秋雨前線が見え隠れするなど、活動そのものに影響が出ることも予想されます。
しかし、雨も風もすべて立派な自然そのものです。

できれば避けたい悪条件こそ、数段仲間との連帯感を高めてくれるものです。
どうか、参加者みなで励ましあい協力して実り多き体験教室となりますよう・・・。

h190826xterra-009.jpg

h190826xterra-021.jpg

※この画像は、先日(26日)、本校の高校生2名が
 ちょうど奥白根山とその周辺を舞台に行われた〈山岳マラソンレース〉に
 出場した際のものです。
  (上:弥陀が池から奥白根山)
  (下:前白根から五色沼と奥白根山)

 彼らも中学2年生時にこの行事を通じて奥白根山の頂に立っており、
 このたびは懐かしい再会となったというわけです。

 後輩諸君!君たちも頂上目指してがんばれ!

前の記事「余白」の季節が過ぎ・・・第2学期始業
次の記事ゆれる週末