閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

The more I learn , the more ….

投稿日2014/11/6


 
ただいま、秋の「父母会」(個別面談)シーズン。
来校されるご家族の方々に対して、各学年とも展示物や配布プリントなどを通じて、行事等の取り組みの様子をお伝えしています。
 
そうした中に、男子部中学3年生の『学年通信』もありました。
その巻頭言にて学年主任のO先生は、先月末に行われた有志による「東大見学会」の様子を紹介しています。
 
  *****************************************************************************
 
〈10月24日(金)、希望生徒14名を連れて東京大学物性研究所柏の葉キャンパスを訪れた。ご案内を頂いたのは、本校OBのF.T先輩。当日はT先輩が師事するF.K教授にもつきっきりでご案内をいただき大変恐縮した。超伝導体の不思議な実験を体験したり、原子・分子を見て、触って、動かしたり、強磁場を長時間発生させる、体育館をいっぱいにする程の世界最大の装置を見たり、スーパーコンピュータ「京」が設置されている部屋に入ったり…どれも世界○番目とか、ギネスに登録されたとか、世界レベルのものばかり。約2時間、広大な施設のごく一部ではあったが、見学・体感することができた。
 
最先端の研究内容、研究施設に、強い印象を受けたのはもちろんだが、にこやかに誘導してくださるK先生をはじめ、各研究室の先生方、学生さん達が、中学生を相手に本当に親切に、丁寧に、楽しそうに説明をしてくださる姿に、なによりも感銘を受けた。K先生は口髭はないものの、どことなくアインシュタインに似ている。英文法書の比較の項目で、よく紹介されるアインシュタインの言葉を思い出した。
 
   The more I learn , the more I realize I don’t know.
   The more I realize I don’t know , the more I want to  learn.
 

一流の研究者、人間というものは探求心に満ち、謙虚であるということを我々は身をもって知ることができた。〉
 
   *****************************************************************************
 
奇しくも、この週末には、管理人もある勉強会に出席するため、同大学の駒場キャンパスを訪れていました。
正門から時計台にかけての広場にはクラブやサークルの「立て看」が並び、シンボルの銀杏並木もしだいに黄金色に染まりつつあるなか、そこかしこから若い学生たちの明るい声が聞こえてきました。
そうした雰囲気のなか、にわかに「学生」にもどって過ごす時間は、えもいわれぬ緊張感を運んで来ましたが、かえってそれだからこそ、この上なく楽しい「学び」のひとときでもありました。
 
   学べば学ぶほど 自分がどれだけ無知であるか思い知らされる
   自分の無知に気づけば気づくほど より一層学びたくなる

前の記事2時間08分29秒@高校男子陸上競技部 5年ぶりに「全国駅伝」へ!
次の記事通学路