閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

2時間08分29秒@高校男子陸上競技部 5年ぶりに「全国駅伝」へ!.

投稿日2014/11/5

この連休は、前半寒気が強まり一気に季節が動いたようで、各地の山々からは初冠雪の知らせが届きましたが、その時その山中にいなければ決してお目にかかることのかなわぬ白無垢姿を、ワンゲル部の高校生たちと思いがけなく目の当たりにすることができました。
その朝、落葉松や枯れた枝葉にはいっせいに新雪の花が咲いて山肌が真白に覆われ、やがてモルゲンローテに照らされてしだいに薄紅に染まっていくその様は、年に一度だけ山が見せるはじらいの表情でもありました。
 
さて、そんな興奮さめやらぬ気持ちをザックにつめこんで山を下りて見れば、さらにうれしい朗報が待ち構えていました。
 
              全国高校駅伝競走大会 東京都予選 
    男子 優 勝 (5年ぶり通算18回目の出場) 
    記録 2時間08分29秒 (コース新記録)
 
同じチームスポーツの中でも、ひとたび走り出したら、途中交代のきかない厳しい「駅伝」の世界。
部としても、ここ数年間、常に優勝候補に挙げられながらあともう一歩のところで辛酸を嘗めてきただけに、感激も一入といったところでしょう。
 
久しぶりに「都大路」に白とコバルトブルーの久我山カラーが戻ってきます。
本番の「全国高校駅伝」は年の瀬も迫る師走12月21日(日)。
現役の控え選手はもちろんのこと、その舞台で走ることが夢に終わった歴代OBの気持ちまでも、一本の襷に託して力走を見せてほしいと思います。
 
ということで、このたびの都予選の取材がかなわなかった罪滅ぼしとして、京都での42.195kmのドラマを並走するようにお伝えするべく、あと1カ月半、管理人もしっかりと走り込みを強化していきたいと思います。(笑)
 
 
 
  ~ 初冠雪の八ヶ岳を行く ~
 
 
 
 
  ~ 枯れ草に新雪の花が咲くなか
     遠く御嶽のお山も静かに染まりゆく ~

前の記事Being wealthy,or being happy?@女子部中学3年スピーチコンテスト
次の記事The more I learn , the more …