閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

〈続・休題〉 哀悼 御嶽山.

投稿日2014/10/1

……刻々と犠牲者が増えています。
 
そうした中、ふたたび「御嶽山」について、このような学校の公式ブログ上で所感を綴るわがままをどうかおゆるしください。
 
 
中学の各学年に設けられた「自然体験教室」。
その名はとても心地よい響きを放っています。
どの学年も、その主たる目的は、「自然」の豊かさをそのただ中に身を置くことで「体験」するというもの。
 
しかし、「自然」は必ずしも、美しくやさしい姿ばかりではないことを、このたびの「御嶽山」は十二分に語っています。
そうした紙一重の二面性をもつ「自然」だからこそ、われわれの祖先はずっと「畏敬の念」を抱きつづけてきました。
 
地球の歴史という観点からしたら、ほんの一瞬に過ぎないわずか8年前の6月、幸運にもわたくしをやさしく迎え入れてくれた美しい「御嶽山」の姿です。
山頂部にはまだ雪がたくさん残り、日本で最高所の火口湖である「二ノ池」は、神秘的なエメラルドグリーンに輝いていました。
 
 
また3年前の秋には、八ヶ岳連峰からその裾野を大きく広げた堂々たる姿が望まれました。
  (左写真:左遠方・右写真:右遠方)
 
 
いつの日かまた、こうした穏やかな表情を見せてくれることを願いつつ……合掌。 

前の記事〈休題〉山よ…。
次の記事《はなしことば教室ーことばの基本》女子特別講座(中学1年)