閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

自由な「虹」の橋.

投稿日2014/9/20


 
「久我山祭」にみられるさまざまな「装飾」の中でもひときわなくてはならないものが、「中央玄関」に出現する手作り〈ステンドグラス〉。
 
毎年、さまざまなデザインで来校者の目を楽しませています。
 
今年もすでにガラスへの貼り付けを完了し、本番間近であることを床に反射した七色の光が物語っていました。
 
このデザインを手がけたのは、女子部高校2年のY.Oさん。
 
その元となった原画がこちらです…
 

 
この世のさまざまな事物と事象を自由に織りまぜたような実におもしろい構図です。
さらにそんな独特な世界観に彩色を施すことで、より自由度が高められた〈ステンドグラス〉は、今にも動き出しそうな気配まで感じさせる動的な芸術作品に仕上がっています。
 
お越しになられた際には、ぜひ足を止めてしばしその虹の橋を見上げていただければ幸いです。
 

前の記事【お知らせ】9/27-28 久我山祭、あれこれ…
次の記事「楽しみ」@久我山祭「導入アワー」