閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

久我山祭の『ポスター』が出来上がりました!.

投稿日2014/9/9


 
昨夜は、あいにく「仲秋の名月」を拝むことができませんでしたが、今宵はうってかわって見事な「スーパームーン」が雲間から顔をのぞかせています。
 
その昔から、わたくしたち人間は、こうした月や星にかぎらず天体が見せる自然現象に心をうばわれてきました。
とりわけ、雨上がりの空に架かる七色の「虹」の橋には、夢と期待を抱きつつ大いに胸を躍らせてきたものです。
 
今月末(27日・28日)に迫った『久我山祭』の、今年のメインテーマは『虹』。
はたして、この両日、学園はどんな色に染まるのでしょうか。
 
このほど、そのポスターがプリントアウトされてきました。
女子部1年の N.S  → M.S さんの制作によるもので、絵の具ではなく、なんと クレパス → 色エンピツ でその微妙な色彩を表現したとのこと。
 
  ※ ↑ 上記の2箇所、誤りを訂正いたしました。
      誠に申し訳ございませんでした。    (9/12)
 

 
カラフルなデザインのなかに、よく目を凝らすと「久我山」のオリジナリティもさりげなく埋め込まれているようです。
おわかりになりますかな?
 

前の記事学園創立七十周年記念モニュメント〈天球〉
次の記事「シュウリン」?