閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

気力@答案返却日.

投稿日2014/7/15

今日は先日まで行われていた期末試験の「答案返却日」
赤ペンを片手に真剣な面持ちで模範解答と照らし合わせます。
 
思わずガッツポーズをする者がいるかと思えば、眉間に皺を寄せて溜め息をつく者もいて、その結果はさまざま。
なにより大事なことは、点数以上に中身の「ふりかえり」です。
×の原因究明はもちろんのこと、○であっても別解はないか、もっと望ましい解法はないかと、時間に追われた本番ではかなわなかった取り組みを自らに課してみることが次に繋がる貴重な自学自習となりましょう。
 
 
さて、この週末は高校生たちと丹沢の山中へ。
今回の山行は、河原の石を敢えてザックに詰め込んでの歩荷(ボッカ)訓練でした。
30kgを超える荷物が容赦なく肩にくいこみ腰に重くのしかかります。
ふだんならなんでもない斜面が、この時ばかりは行く手を阻む垂直な壁に見えてくるのです。
それでも、したたる汗を拭いつつ重い身体を一歩一歩前進させる原動力は、体の力以上に気持ちそのもの。
 
勉強も山登りも、最終的には気力がモノをいうようです。
 

               ~ 梅雨明け間近?  傘をさしかける秀峰富士 ~

前の記事台風「一家」様からの贈りもの
次の記事不撓不屈@高校野球