閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

9分間@災害避難訓練.

投稿日2014/6/21


 
 8時36分、震度6強の地震が発生!
 
今朝、今年度はじめての「災害避難訓練」が実施されました。
 

 
まずは、教室内にて最低限自分自身の頭や体を守る「第一次避難」。
その後、揺れのおさまりをみて、迅速にグランドへ集結です。
 
「第二次避難」として、全校生徒、教職員全員の点呼完了までに要した時間は、9分間。
私語なく、整然と無事に避難することができました。
 
 
ところで、生徒らが行き交う西二号館の南庭では、いま記念樹の「ヤマモモ」がたわわに赤い実をつけています。
この木の語るメッセージは「教訓」。
 
「東日本」から3年。
あの震災は、いつまでも風化させてはならない「教訓」に満ちています。
こうした訓練を訓練としてのみ終わずに、実際の災害時に有効に機能するよう各自の防災意識を高めていかねばなりません。
 
 
  ~ご家庭のみなさまへ~
 
緊急時一斉メール送信システム「パスモバイル」の確認を兼ねて、
この避難訓練の様子を発信いたしましたので、
あらためてお知らせいたします。

前の記事花の「顔」@女子部中学2年特別講座「華道」
次の記事四照花