閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

頂へ.

投稿日2014/6/16

 
今週末は、高校生と、埼玉、山梨との県境に聳える、東京都最高峰の雲取山へ。
その名に従って雲を取ろうにも、遮るもののない梅雨の晴れ間に恵まれて、澄みきった尾根上を一歩一歩頂へ。
ブラジルW杯のような賑々しいサポーターの代わりに、ブナの樹間から望まれる秀峰富士や、新緑に包まれたヤマツツジが、背中をそっと押し上げてくれました。
 
そんな折、足下からのびる埼玉の熊谷から、中学ラグビー部の朗報が届けられました。
 
  中学ラグビー 関東大会
  決勝戦 @熊谷ラグビー場
  33-10 茗渓学園(茨城1位)
 
~3年ぶりの優勝です。最後は1本(トライを)取られましたが、終始落ち着いて守り、そして素早く攻めて完勝でした。なによりペナルティも少なく内容的にもナイスゲームでした!~ (観戦中のY先生より)
 
一方、この週末にはインターハイ出場に一歩届かず無念の涙を流した高校のクラブも…。
とはいえ、その歩みをとめてはなりませぬ。
この悔しさを糧に、あらためて「夏」に鍛え、本番の「秋」にその成果を実らせようではありませんか。
 
頂からの眺めは、そこに到達し得た者だけが手にすることができます。
 
あきらめず、さらに一歩一歩、高みをめざして!
 

前の記事灯台もと暗し@中学1年〈久我山周辺地域探訪〉
次の記事自分で…自分から…@6/16 女子部高校1年〈続:働くということ〉