閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

高きに登るには卑きよりす@中間試験スタート.

投稿日2014/5/19

 

 
今年度初の「定期試験」が始まりました。

その最中、見事に「東京都」の頂点に立ったクラブも…。
ラストワンプレーで勝利をもぎ取った高校ラグビー部
直近の5000m走では1・2フィニッシュした高校陸上競技部
ともに、夏の日射しが照りつける厳しいコンディションの中で「ねばり強さ」をみせてくれました。
これは、一朝一夕に具わるものではなく、日頃の地道な積み重ねの成果以外の何物でもありません。
 
  「高きに登るには卑きよりす」 
 
『書経』にある言葉です。
「高い所に登るには低い所から登り始めるように、なにごとも身近なところから始め、堅実に順序をふまえて進むべきである」との教えです。
似た言葉には「千里の行も足下より始まる」とも。
 
勉強もしかり。
その意味からも、「久我山」に学び集うものは、身近にこんなすばらしい生きた「参考書」と「お手本」があることにあらためて感謝しなければなりません。
 

 
  ~ 高きに登るには 卑きよりす ~
 
   5月初めの西穂高岳(北アルプス)の雪稜にて
    ※ 1・3・5枚目(左側)は、
      先日の『日本の名峰・絶景探訪』
      舞台となった「乗鞍岳」を遠望できます。

前の記事天災は忘れたころに…
次の記事一日一生