閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「BEST」@5/9 第36回吹奏楽部定期演奏会 ※ダイジェスト動画あり.

投稿日2014/5/10


 
地道な活動と確かな実績を積み重ねて、36回目の定期演奏会を迎えた「吹奏楽部」。
いまや、中学生も高校生に劣らぬ安定感をもってステージにたち、堂々たる演奏を披露しています。
 
今年のテーマは、「BEST]。
その経緯と意気込みについて、実行委員たちが、パンフレットに次のように記しています。
 
「…演奏者である私達にとって本番にBESTを尽くすことはなかなか難しいことです。しかし失敗を恐れて思うように吹けず、悔しい思いをすることほど勿体無い事はありません。お互いに協力しあって創りあげたものをお見せできるように、目標に向かって頑張ってきました。お客様、そしてこの日まで支えてくださった方々に感謝の気持ちも込めつつ、音楽を奏でる喜びを噛み締めながら本日の演奏会を総勢77人でお送りしたいと思います。…」
 
本番で「BEST」パフォーマンスを披露するためには、多くの失敗とこれ以上はないというほどの練習を積み重ねなければ、その実現はないのでしょう。
その意味からも、地下の手狭な部室での厳しい練習の様子が浮かんでくるような今宵のステージでした。
 
 
  ※ 動 画 ( ↓ クリックしてください)

     第一部 ダイジェスト 
       祝典前奏曲「未来への緑風」 : 八木澤 教司
       ブランドン・ベイ : ハックビー 〈※中学生中心)
       星の船 : 西邑 由記子〈※高校生中心)
       威風堂々 第一番 : エドワード・エルガー
 
     第二部 ダイジェスト
       紺碧の波濤 : 長生 淳
       歌劇「トゥーランドット」より : ジャコモ・プッチーニ/編曲 後藤 洋
 
     第三部 ダイジェスト
       オリジナルステージ (ディズニーメドレー 他)
 
 
       本日は、ご来場くださいまいまして
       誠にありがとうございました。        (中高)吹奏楽部 一同

前の記事「相互依存」って?@関健作さん(写真家)講演会~ブータンから学ぶ~
次の記事5/10 緑陰のもとでOpen Campus!