閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

望み高く.

投稿日2014/5/8

 
気づけば、五月、皐月に入って、あたりは刻々と新緑に包まれ始めています。
その中にあって、凛とした季節の花をみつけました。
 
水辺を好む「杜若(カキツバタ)」や「花菖蒲(ハナショウブ)」と異なり、乾燥した土にあってもたくましく花を咲かせる「アヤメ」たち。
その花言葉は、「希望」。
その威風堂々たる立ち姿にしばし見惚れてしまいました。
 
各クラブとも、春の大会で奮闘中。
そんな部員たちの頑張りに、「希望」の花が錬成館前にてエールをおくっています。
 
また、その脇に少し目を転じてみると…
紫陽花が、人知れずその「赤ちゃん」を宿していました。
 

前の記事【お知らせ】5/9 吹奏楽部 第36回定期演奏会
次の記事「相互依存」って?@関健作さん(写真家)講演会~ブータンから学ぶ~