閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

結実へ.

投稿日2014/4/24

 
 
いま、通学路は季節柄、蒲公英などの鮮やかな黄色い花々が目を楽しませてくれるようになってきました。
 
なかでも、万葉の昔から親しまれてきた「山吹」は、決して派手さはないものの、その花言葉が語るとおり「上品」なたたずまいを見せています。
 
なお、同じ「山吹」でも、花びらが幾重にも重なり合った「八重山吹」には、実がつかないのだとか。
 

  七重八重
  花は咲けども山吹の
   実のひとつだに
   なきぞかなしき
         兼明親王
           『後拾遺和歌集』より
 
 
できることなら、たとえ花そのものは控え目にして一重でも、その後に確かな実を結ぶ「山吹」のようでありたいものです。 

 

前の記事「あなたにはあなたの人生がある!」@中高合同演劇部春季公演 ※動画あり
次の記事「不老長寿」「同情」「向上心」「哀れみ」「かわいそう」「慈悲」「永遠の若さ」「勇敢」